めざせ!! 大澤隆之の行政書士 6限目

受益権 ① 請願権 ② 裁判を受ける権利 ③ 国家賠償請求権 ④ 刑事補償請求権 があります 【1】 請願権 16条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令または規則の制定、 廃止または改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も かかる請…

めざせ 大澤隆之の行政書 5限目

人心の自由 18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。また、犯罪に因る処罰の場合を 覗いては、その意に反する苦役に服させられない。 31条 何人も、法律の定める手続きによらなければ、その生命若しくは自由を奪われ または、その他の刑罰を科せら…

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 4限目

経済的自由 22条 1項 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する 【1】 職業選択の自由 職業選択の自由は、自己が就く職業を決定する自由を意味します 営業の自由とは、自己の選択した職業を行う自由のことです 職業選択…

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 3限目

編集 表現の自由 憲法 21条 1項 集会、結社及び言論、 出版その他一切の表現の自由は、これを保障する 2項 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない 【1】請求権(知る権利) 知る権利とは、国民が自由に情報を受け取り、…

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 2限目

精神的自由 【1】思想 良心の自由 外部に向かって表現 →表現の自由 論理的、体系的知識 →学問の自由 宗教 →信教の自由 が日本では以上の自由は保障されています 【2】 では、保障の内容は?というと ①内心の自由 思想 良心の自由は内心にとどまる限りは他…

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 1限目

人権総論 【1】人権とは ①自由権 ②参政権 ③社会権 ④受益権 に大きく分けられる ①自由権 国家が個人に対して権力をふりかざすことのできない、個人の意思と自由な活動を 保証する権利 ②参政権 国政に参加する権利 日本では18歳以上で選挙権が与えらていま…

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 0限目

労働法 1 労働基準法 2 労働組合法 3 労働関係調整法 以上を労働三法という