めざせ!! 大澤隆之の行政書士 27限目

無権代理

 

無権代理とは、代理人による代理行為がなされたが、実は代理権が無かった場合の事

であり、代理権を有しないのに代理行為を行ったものを無権代理人という

 

【1】 契約の帰属はどうなる

 

    無権代理の場合、原則として本人に契約の効果は帰属しない

    例外的に、相手方の保護や本人の便宜を考慮して以下の対抗手段がある

 

【2】 本人がとりえる手段

 

    ① 追認 

      本人が追認すると、代理行為の効果は最初に遡って本人に帰属する

   

    ② 追認拒絶

      本人が追認拒絶すると、代理行為の効果が確定的に本人に帰属

      しない

 

【3】 相手方がとりえる手段

 

    ① 催告権

      善意でも悪意でも行使可能

 

    ② 取消権

      相手方が、一方的に無権代理行為の効果を無効として確定させる権利

      善意で本人の追認がないこと

 

    ③ 無権代理人への責任追及

      相手方の選択により無権代理人に履行または損害の賠償を請求できる

      善意無過失で本人の追認が無い事、さらに相手方が取消権を行使して

      おらず、無権代理人が行為能力を有する事

 

 

    

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 26限目

代理の効果

 

 代理人が代理権の範囲内で有効に代理行為を行ったときは、効果はすべて本人に

 帰属する。その結果、生ずる取消権や解除等も何もかもが本人に帰属する

 

 

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 25限目

代理行為

 

【1】意義

   代理行為とは、代理人が本人のためにすることを示してする法律行為

 

【2】顕名

   顕名とは、代理人が本人のために代理行為を行うことを相手方に明らかにする

   こと

 

【3】代理人の能力

   代理においては、その効果が本人に帰属するので、代理人地震に不利益は

   及ばない。したがって、代理人制限行為能力者であったとしても、

   制限行為能力者保護の必要がないので、代理人の行為能力は不要

 

【4】代理行為の瑕疵

   意思表示の瑕疵や善意・悪意が問題になる場合、代理人について判断する

   のが原則である。代理行為は、代理人が行うからです。もっとも、特定

   の代理行為が本人の指図に基づいてされたときは、代理人がある事情を

   知らなくても本人が知っていれば、本人は、代理人の不知を主張できない

   

   

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 24限目

代理権
 
【1】代理権の種類
 
   ① 法定代理
     本人の意思に基づかず、法律の規定によって、代理権を与えることで
     始まる代理をいう
     法定代理の代理権の範囲は、法律が定める通り
 
   ② 任意代理
     任意代理とは、本人が自らの意思によって、他人に代理権を与えることで
     始まる代理をいい、任意代理の代理権の範囲は、代理権授与行為の内容で
     きまる
 
【2】 復代理
    復代理とは、代理人が、自分の権限内の行為を行わせるため、自己の名に
    おいて、さらに代理人を選任して、本人を代理させる事をいう
 
【3】 代理権の乱用
    代理人が内心では自己又は第三者の利益を図る意図をもって、客観的には
    顕名により代理の形式を踏んで権限内で行った場合

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 23限目

契約の効果帰属要件 (代理)

 

【1】代理とは

   代理人が本人のためにする事を示して、本人の名において相手方に対して

   意思表示を示し、相手方から意思表示を受けることによって、その法律効果を

   直接本人に帰属させる制度

  

   代理が成立するには、①代理権がある ②顕名がある ③有効な法律行為が

   行われる事が必要

 

   代理人が代理権の範囲内で有効に代理行為を行ったときは、その行為の効果は

   すべて本人に帰属する

 

 

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 22限目

心裡留保

 

【1】 心裡留保とは、意思表示の表意者が、表意行為に対応する真意のない事

    を知りながら、行う意思表示のこt

 

    原則に意思表示は有効

    例外に相手方が悪意、または有過失であれば無効

 

【2】 虚偽表示とは、相手方と通じて真意でない意思表示をする事

 

    原則に無効

    例外に善意の第三者に対しては無効を対抗できない

 

【3】 錯誤とは、被yぉう字に対応する意思が不存在であり、しかも意思の

    不存在につき表意者の認識が欠けている事

 

    ① 法律行為の要素に錯誤があること

    ② 表意者に重過失がないこと

 

     原則に無効

     例外に第三者表意者に対する債権を保全する必要がある場合に、表意者が

     その意思表示に関し錯誤のあることを認めているときは、表意者自らは無効 

     を主張する意思がなくても、第三者は無効を主張することができる

 

【4】 詐欺とは、人を欺罔して錯誤に陥らせる行為

   

    原則に詐欺されてなした意思表示は取り消す事ができる

    例外

    ①取り消し前の善意の第三者には取り消しを対抗できない

    ②第三者が詐欺した場合には、相手方が悪意である場合に限り、意思表示を

     取り消すことができる

 

【5】 脅迫とは、相手方に畏怖を生じさせ、それによって意思表示をさせることを

    いう。脅迫されてなした意思表示は、取り消すことができる

 

【6】 無効と取り消し

 

    無効とは、効力が初めから発生しない事

    取り消しとは、取消権に基づき、一応有効な法律行為の効果を初めに

    さかのぼって、無効にすること

 

 

     

めざせ!! 大澤隆之の行政書士 21限目

契約の要件

 

契約の有効要件は様々な種類がある

 

① 意思表示

② 心裡留保

③ 虚偽表示

④ 錯誤

⑤ 詐欺

⑥ 脅迫

⑦ 取り消し

⑧ 無効

 

【1】意思表示とは

   一定の法律効果を発生を欲する意思を外部に表す行為

 

   一般に契約は、申込と承諾の意思表示の合致によって成立する